『舞妓さん撮影会で花街文化をオープンデータ化』

ダウンロード
『舞妓さん撮影会で花街文化をオープンデータ化』プレスリリース
PresRelease_Maiko.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.1 MB

 京都フラワーツーリズム合同会社では、毎月第3日曜日に『舞妓さん撮影会』の定期開催を始めました。

ここで撮影した「今日の自慢の作品」を、世界で広く利用されている「Wikpedia」の写真投稿サイト「Wikimedia Commons」へ投稿します。

京都の花街文化をオープンデータとして、グローバルに世界へ発信します!



●企画主旨 『オープンデータで変わる社会を目指して!』

 http://commons.wikimedia.org/wiki/User:KyotoFlowertourism

毎月第3日曜日に定期開催として『舞妓さん撮影会』を始めました! 


日本の伝統文化である花街文化をカメラ愛好家の方々に、オープンデータとしてグローバルに世界へ発信してもらいます。


カメラ愛好家の方々の作品発表の場が、今までほとんどありませんでした。

そこで、まず、撮影会当日に撮影された今日の一枚を「ハイアット リージェンシー 京都ホテル」のロビー1Fで放映します。 順次更新しながら約1ヶ月かけて放映します。


さらに、作品の著作権を、 CC BY-SA(Attribution-ShareAlike 4.0 International)として、 世界で広く利用されている「Wikpedia」の写真投稿サイト「Wikimedia Commons」へ投稿します。

 http://commons.wikimedia.org/wiki/Category:MaikoNavi


撮影者にとっては、発表の場をグルーバルな舞台で作り、多くの方々に見てもらえる機会にします。

花街にとっては、花街文化を拡く世界へ発信する機会になります。

撮影舞台としてお借りした施設(町家、お寺、神社など)にとっては、その施設の魅力を世界へ発信する機会になります。

各々の関係を、オープンデータがつなぎます。

 

プレスリリースの詳細は、PDFをダウンロードして下さい。

 

『 舞妓さん撮影会』のページヘ