永運院の魅力と戦国武将「宮城 豊盛」

書家 川尾朋子さんが永運院の石碑の文字を揮毫しています!

「永運院文書」は、戦国時代を知る貴重な資料です。

戦国武将「宮城豊盛(みやぎとよもり)」が、金戒光明寺の塔頭永運院を建立した。


(宮城豊盛は、また、荒廃を極めた慈照寺(銀閣寺)を、江戸時代初期の慶長20年(1615年)に再建と庭園の改修を行っている。)


●続きは

  http://matome.naver.jp/odai/2143429532986302201