栄西禅師(建仁寺を開山)は臨済禅と茶の実(今の宇治茶)を持ち帰った!

・1191年に栄西禅師は臨済禅とともに茶の実を持ち帰った。

・栄西禅師は建仁2年(1202年)京都に建仁寺を建立。

・栄西禅師は明恵上人に茶の実を贈り、明恵はその茶の実を京都栂尾に植え、明恵が宇治に移植したものが今日の宇治茶。

・2014年の栄西800年大遠忌を記念して、2013年11月22日に境内の北門前と開山堂前の2ヶ所の石塔を北木石で建立した。 


●続きは

  http://matome.naver.jp/odai/2143503643958554501