大本山建仁寺 塔頭『西来院』

鎌倉時代、1242年-1246年、蘭渓道隆(らんけい どうりゅう)により創建された。 その住持寺となる。また、同年間中、道隆4世法孫・大宗□盛が清本流を再建し西来院と号を改めたという。 応仁-天文年間(1467-1555)、類焼する。 安土・桃山時代-江戸時代、慶長年間(1596-1615)、再建された。 江戸時代、1677年、現在の本堂が再建された。

 

●続きは

  http://openmatome.net/matome/view.php?q=14463414328367